住宅ストック循環支援事業で耐震工事補助金はもらえるの?支援制度について

平成28年度補正予算の成立をもって実施が決定された住宅ストック循環支援事業が始まりましたが、どの内容とはどのようなでしょうか?また耐震工事でも補助金はもらえるのか?その内容についてご紹介したいと思います。

住宅ストック循環支援事業で耐震工事補助金はもらえるの?支援制度について > 耐震工事補助金|住宅ストック循環支援事業制度について

平成28年度補正予算の成立をもって実施が決定された住宅ストック循環支援事業が始まりましたが、どの内容とはどのようなでしょうか?また耐震工事でも補助金はもらえるのか?その内容についてご紹介したいと思います。

耐震工事に関する国が定めている基準とは?

図面
日本では国が定める耐震基準と言うものがありますが、その耐震基準とはその建物が最低限度の耐震能力を持っていることを保証し、建築する基準のことを言います。

昭和56年に耐震基準が大きく改定され、新耐震基準が定められましたが、その内容とは旧耐震基準では震度5程度の地震に耐えうる住宅と言う規定が、新耐震基準では震度6以上の地震でも倒れない住宅と変りました。

今回の住宅ストック循環支援事業では、「エコリフォーム工事後の住宅が耐震性能を有すること」と言う条件が加わっていますので、耐震性を有していない住宅はエコリフォームと一緒に耐震改修工事をしなければエコリフォーム補助金がもらえません。

この場合必ずエコリフォーム工事をしなければならず、耐震改修工事だけでは補助金が出ないので注意しましょう。

その対象となるのは、昭和56年5月31日以前に建てられた住宅もしくは、現行の耐震基準に適合させる工事を行うことです。その場合、エコリフォーム補助金+耐震改修工事補助金として15万円もらえます。

または、若年層(40歳未満)が既存住宅を購入し、建築士により国土交通省が定めた「既存住宅インスペクションガイドライン」に沿って現況調査を行い、既存住宅売買瑕疵保険に加入に有効なものであることで、エコリフォーム+耐震工事を行えば、エコリフォーム補助金が最大50万+耐震改修補助金が15万で最大65万円の補助金がもらえます。

では、現行の耐震基準に適合させる工事とはどのような工事なのでしょうか?
また、その費用とはどのくらいかかるのでしょうか?

耐震基準に適合させる工事とその費用とは

電卓
エコリフォームと一緒に耐震改修工事を行い住宅ストック循環支援の補助金をもらう場合、耐震改修を行ったと言う、耐震性能証明書(リフォーム用)は、リフォーム住宅が耐震 性を有することを建築士が確認し、発行したものが必要です。

では、その耐震改修の内容をご紹介しましょう。住宅ストック循環支援補助金に関わらず、お住まいの住宅の耐震性を確認したい場合、建築士による耐震診断を受けることにより、どこを補強するのか改修の方針を決めることができます。

住宅のある市町村区に問い合わせれば、耐震診断に対しても補助金が出る場合もありますので、相談してみましょう。

・壁の量と強さについて
壁に筋交いを新たに設けたり、構造用合板などを取り付けることで地震に対する抵抗力を強めます。既存の壁の強さを向上させる方法と、開口部や窓の無い部分に新たに設ける方法とがあります。

・金物を使用して耐震性を高める
柱と土台、梁や筋交いなど結合部に新たな金物を使って堅固にします。腐ったりシロアリに食われている部材は取り換えて、柱は金物で補強を行います。もちろん、防蟻処理を行うことも忘れないようにしましょう。

・基礎を改善する
壁など上部の耐震工事を行っても、基礎部分が著しく悪い場合には耐震性があがりません。そのため基礎に無筋コンクリートで補強したり、地盤が軟弱で地盤沈下を起こしている場合は、地盤改良を行わなければなりません。この基礎の改善をする場合は費用は高額になります。

・屋根や壁の軽量化
建物の重さを軽くすることで、地震による建物の負担を減らすことができます。
建物を軽くするには、瓦ぶきの屋根を軽量な金属瓦に葺き替える方法や、土壁の土を取り除きサイディングなどにすることで建物の重さを軽くすることができます。

瓦ぶき屋根は、耐久年数が高くとても優秀な屋根材ではありますが、重いことはデメリットです。屋根を軽量にすると、建物に作用する地震の力が弱まり大地震時にも建物が壊れにくくなります。

平均的な耐震改修工事は100万から150万の費用で行われることが多いのですが、工事内容によって費用は変わってきます。

耐震工事を行う業者の選び方


 
実際に耐震診断を行い耐震工事を行う場合に、一番大切なのが信頼できる業者を選ぶことではないでしょうか?とは言え、知り合いに建築士がいるようなリフォーム会社があれば良いのですが、そのような知り合いがいない場合はどうすればよいでしょうか?


耐震工事やリフォーム工事を行う際には、必ず数社から見積もりを取ることが大切であることから見ても、数社を探さなければいけませんが、その場合かなり時間を掛けることになります。

住宅ストック循環支援の補助金をもらうには期限が設けられており、予算に達すれば受け付けも終了となります。そのため、少しでも早く信頼できるリフォーム業者を選ぶ必要がありますね。その場合、インターネットを使って一度の入力で数社との交渉ができる一括見積サイトを使用することをオススメしたいです。


お住まいの地域ごとにリフォーム業者を提案してくれるこのようなサイトを利用されることをお勧めします。

 http://www.town-life.jp/reform


このようなサイトを利用することで、最短期間で、最良のリフォーム業者を見つけることが可能になります。



耐震改修工事は、建物の根本的な性能に関わる重要な工事です。
建築資格と豊富な実績を持つ会社を選ぶ基準とすると良いでしょう。もちろん住宅ストック循環支援の事業者登録をしているかも忘れずに確認しましょう。

リンク集